~医師・エグゼクティブとの出会い・結婚をトータルサポート~[ドクターマリッジ]

男性のご入会はこちらから 女性のご入会はこちらから
サロンの案内 無料カウンセリング予約も承ります 資料請求もこちらから
札幌サロン 0 11-737-0003
仙台サロン 0 22-298-7360
大宮サロン 0 48-650-3939
東京サロン 0 3-6225-2056
東京スカイツリー
ソラマチサロン
0 50-5807-3700
新宿サロン 0 3-3373-3103
横浜サロン 0 45-317-5315
名古屋サロン 0 52-541-4433
京都サロン 0 75-351-2254
大阪サロン 0 6-6456-5411
大阪なんばサロン 0 6-6632-3511
神戸サロン 0 78-252-1003
福岡サロン 0 92-714-5841
大分サロン 0 97-574-5410
結婚カウンセラーからあなたへ婚活アドバイス
お見合い活用方法 お見合い成功講座
  • 大公開!会員様の1日のスケジュール
  • 男性会員様からのメッセージ
  • 女性の憧れるセレブ婚レポート
  • 医師限定・エグゼクティブパーティーレポート
  • 花嫁修業コースセミナー

ドクターマリッジを漫画で読む

カウンセラーブログ

男性会員様からのメッセージ

第1回は、医師であるY.Hさんに、結婚について伺うことができました。
忙しい職業だから、出会いの時間が取れない……そんな本音もちらりと。

医師という職業の男性は、モテモテかと思いきや一概にそうとは言い切れないようで…。

仕事はやっぱりハード!

ドクターマリッジ:
本日はお忙しい中お時間いただきましてありがとうございます。
Y.Hさん:
いいえ。こちらこそ足を運んでいただきありがとうございます。
ドクターマリッジ:
まず初めに、なぜドクターマリッジに入会されたのですか?
Y.Hさん:
最近、出会いがないと思っていたところ「真剣に結婚相手を探すなら」と友人に紹介されて、入会に踏み切りました。
ドクターマリッジ:
お医者様のみなさんなら出会いがたくさんありそうなのですが??
Y.Hさん:
仕事がハードすぎて、自分から積極的に出会いを求めて外に出ることがほぼありませんね(笑)
出会いの場が他の職業の人と比較すると、極端に少ないとおもいますし。
忙しすぎて時間がとれない為に彼女にふられてしまったなんて過去もありましたよ(笑)
ドクターマリッジ:
そうなると結婚相手どころじゃなくなってしまいますね。
Y.Hさん:
そうなんです。
ほとんどの医師が、医大を6年間で卒業した時点で24歳なので、そこから2年間の研修医を経て、各専門医を取得したり…ハードな勤務をこなすうちに気づいたら30代半ばになって初めて結婚を考えられる状況になるなんてことも良く聞きますよ。
ドクターマリッジ:
世の中の医師がみんなモテて、女性を選び放題というイメージが払拭されました。
Y.Hさん:
それはよかったです(笑)
仕事を持つ女性の社会進出もあり、全体的に晩婚化、少子化になってきているのもあると思いますが、医師の結婚平均年齢は他の職業よりも高いとは感じますね。
そのまま40代をむかえてしまう先輩もいますし…

女性と会話することが大きな刺激に

ドクターマリッジ:
ドクターマリッジに入会されてから心境の変化はありましたか?
Y.Hさん:
仕事に追われる毎日なので、女性と会話することが大きな刺激になっています。
それに、入会するまでは休日は家でのんびり過ごしたり、一人で出かけることが多かったのですが、積極的にお見合いやお見合いパーティーに参加しようという前向きな気持ちに変わりました。それと、女性が喜びそうなデートスポットも頻繁に目につくようになりましたし。
ドクターマリッジ:
どんな女性と知り合いたいですか?
Y.Hさん:
忙しいとか、眠いとかよりも、自分の時間が持てないのがもっとも厳しいので、プライベートな時間は一緒にいるだけで楽しくなれるような元気で明るい女性がいいですね。
今はまだハードな勤務も十分乗りきれると思いますが、体が資本なので、健康管理としっかり家庭を守ってくれる女性がいいですね。
ドクターマリッジ:
結婚したらどんな家庭を持ちたいですか?
Y.Hさん:
家族には医師という仕事を理解してほしいと思います。それと健康第一。医師とう仕事に従事していると普段の健康維持がどれだけ大切かがわかりますよ。 身近な例では病院の処方薬と市販薬の違いとか。それを、パートナーやその家族、わが子に知らせて行くことも自分にできることかな感じます。
ドクターマリッジ:
将来の夢はありますか?
Y.Hさん:
ズバリ、開業です。それと、最近人間ドックや地方の温泉リゾートとパックになった「検診ツアー」にも興味があります。よりよい医療を患者様にご紹介していければいいと思っています。
ドクターマリッジ:
本日はお忙しい中インタビューにお答いただきありがとうございました。
素敵な出会いがありますよう願っております。
Y.Hさん:
ありがとうございます。
インタビューを終えて 常に思慮深く実年齢よりもぐっと落ち着いた印象のあるY.Hさん。インタビュー後に、医師であるY.H さんから貴重なメッセージをいただけました。

結婚も医療も「相手の立場に立つ」ことが大切という部分では共通していると感じます。
相手の立場に立つということでは、病気を抱えて初めて分かることもありますよね。
というのも、まったく病気に接していないと、人間はついつい自信過剰になってしまって病気の人や高齢者に対して想いがいたらなくなることもあります。
たとえば、自分が車椅子に乗る立場になって、ようやく街や建物が車いすに対して非常にて不便なつくりになっているとよう気づくようなものです。
そういう人は自分が病気や高齢者になって不便な想いをして初めて「病気とはこんなにつらいものか」と思い知るというわけです。実際それではまったく遅いのですが…。

どんな場面でも「自分は特別だ」という思いこみを捨てて、相手に接していけるよう謙虚な気持ちを忘れないよう心がけていきたいと思っています。

ページトップ